iPadとMacの連動による写真転送

iPadで撮影した写真をMacにAirDropで転送すると、HEIC形式で転送されたりします。これはiPad側で高効率で撮影しているとなるわけですが、Mac側で編集したり、そもそもこうしたブログに上げようとした時には、jpg形式の方が都合がよかったりする場合が多々あります。

そうした場合は、「写真」アプリで共有しましょう。

このアイコンの奴です

作業の順番としてはこんな感じです。

1.iPadとMacをUSB-CケーブルなりLightningケーブルなりで接続します。

2.Mac側で写真アプリを起動しましょう。

3.読み込みたい画像を選択して、右上の[x個の選択項目を読み込む]をクリック。

※その時、[読み込み先]で新しいアルバムを作成すると、左側のサイドバーの[マイアルバム]に新しいアルバムが作成され、そこに読み込まれます。

こんな感じになります

4.マイアルバムをFinderのご自身が保存したいフォルダへドラッグ&ドロップ

これでjpeg形式になります

これで写真のコピーが完了します。
AirDropのようにパパパッと転送するというわけには行きませんが、編集などを考えるとこちらの方が結果的には楽になるかと思います。

なお、転送してもHEICフォーマットのままの場合は、iPad側の設定を見直してみて下さい。
[設定]→[写真]→[MACまたはPCに転送]で、「自動」を選択しておくと、互換性のあるフォーマットで転送してくれるはずです。

いかがでしたでしょうか。
もしお役に立ちましたら幸いです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です