[レビュー]ダイアクロン DA-55 ヴァースライザー2号(2)

 

前置きは抜きで、今回はヴァースライザー2号と他のダイアクロン製品との組み合わせです。

 

まずは普通にボレットコアモードでの搭乗。

色合いが似ているトライディガーとの組み合わせです。

 

バズーカ持たせてタイヤを展開、砲撃モード。

このゴツさ、デカいガン、たまりません。

 

タンクモード的に。

トライヴァースシリーズとの組み合わせはこのように自由自在です。

 

更に無茶をしてみます。

タイヤのユニットにはトライヴァースシリーズのトップマシン・ボトムマシンと接続可能なジョイントがついています。という事はこのように延長したり出来るわけです。

 

更に、そこに別のトップマシンをくっつけて、更にジョイントをつなげて…。

超砲撃モードというか、超武装タンクモードというか。こんな無茶も出来ます、ということで。

 

ヴァースライザー1号のようにフレームユニットも付いているので、ビッグパワードGVから腕を移植する事も出来ます。

 

という事はこんな事も出来るわけです。フレームユニットとタイヤのユニットのジョイントを合わせて、そのタイヤユニットをトライディガーに背負わせる。

なんだかどこぞのギガンティックアーム的なものを思い出しました。ゴツいのは好きです。

 

という感じで、簡単ですがヴァースライザー2号の組み合わせ例でした。

タイヤユニットにトライヴァース規格のジョイントがある事で、1号以上にバリエーション豊かな組み合わせが楽しめます。

こうなるとバトルコンボイV-MAXも欲しくなってくるわけですが、高い。高い。高いよ!!

 

 

■ここがポイント

◯良い点

・組み合わせのバリエーションが本当に豊か

・単体でも十分に組み替え遊びが可能

 

×悪い点

・売ってない

・高い

・売ってない(強調)

 

品物自体に全く文句はありません。問題があるとすれば価格(8000円…8000円かぁ)と、そもそも売ってないという点だけです。

ダイアクロンシリーズはトランスフォーマーのような一般向けホビーではないという扱いのためか、どうしても流通量が少なくなる傾向にあるように思います。

そのため、このヴァースライザーシリーズや、初めてダイアクロンシリーズに足を踏み入れるのに適しているであろうトライヴァースシリーズも、とかく売ってるの見た事がほとんどない、という感じになっております。

いい品なので、見かけたら是非ご検討下さい。

でも気をつけて。

買ったら2個目が欲しくなりますから。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です