小型で密度満載、そして…… NewAge Hephaestus(7/7) 合体編

ようやくこの時が来ました!!

先日までご紹介した6体はあの小ささで更に合体します!!

今回はその合体形態をご紹介!!

 

したいのですがまずはこちらを御覧ください。

余剰パーツです。

 

割り切り方が凄い。

つまり、腕と胴体の殆どを完全に別パーツにする事で、全形態のプロポーションを維持しつつ、単体の変形機構を複雑化させすぎない、という点に振り切ったという事だと思います。

それが良いか悪いかという点については、何とも難しいといいますか、判断がし辛い部分かとは思います。

 

私としては、物によるかなと。

出来れば余剰がない方が良い、それは間違いありません。しかし、余剰なしにこだわった結果、破損しやすかったり、可動もボロボロだったりするよりは、割り切っちゃったほうがいいかなって思う時もあります。

今回の場合はまさしく「余剰ありでもいいかな」というタイプでした。単体の変形機構も小さいながらにこだわっていて、プロポーションも完璧。ここから余剰なしとなるとどうなるのか分からないので、そこはまぁいいかなって感じです。

 

話が長くなりました。ここから一気に合体させます。

  

各機変形

 

合体

 

Hephaestus

余剰たっぷりな分、合体もそこまで難しくなく、何よりこの抜群のアニメ的プロポーション!!最高です!!

別のカラーや分割販売のものについては、もう少し設置性が良くないようですが、このカラーはセット品で、修正パーツ取り付け済なので、設置性も悪くないです。

肩も開き、膝も二重関節!!カチカチ言います!!

股のクリック関節がちょっと広めなのが難点でしょうか。これは付属するパーツで変更可能なのかもしれませんが、今のところ怖くていじれてません。ごめんなさい。

  

足はロボなのにちゃんと足首の可動が入っています。ここは本当に凄い。

 

五指は独立可動。やっぱりデカいロボの指が開くと迫力が増します。これは極端に大きいわけではありませんが。

 

武器として銃とドリルが付属。

 

銃は電池を入れれば光るようです(合うの持って無くて入れてないです)。

 

手首を外すとドリルになります。ドリルを外すときは少し斜めにして取ると取りやすいです。

大変かっこいいです。 

 

サイズ的にはこんな感じです。1/144ストライクの2倍ちょっとでしょうか。

見た目より小さく感じると思います。

 

以上、Hephaestusでした。

これで6体合体なのだから、満足度高めです。私は感動しました。

勿論余剰の多さは気になりますが、それ以上に6体のロボそれぞれがしっかり変形し動かせるという点、そして合体後のプロポーションの良さで補って余りあるものがあると考えています。

勿論タグなど参照して頂ければ分かる通り、大っぴらにどうこう言える代物かというと……ではあるのですが。しかし、私の手元の物はかなりの品質なので、凄く満足出来る一品であった事も確か。

ご興味有る方は、一度ご検討されても良いかもしれません。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です